手作り結婚指輪 | 関東手作り結婚指輪情報局

手作り結婚指輪


近年、結婚するカップルの中には手作り結婚指輪を用意する人たちが増
えていると言われており、専門のアトリエやオーダーメイド・セミオーダーのできるショップの数も全国的に多くなっています。

▼ 目次

注目されはじめている手作り結婚指輪

結婚指輪と言えばこれまではブランドショップやジュエリーショップで販売されている既製品を購入するのがスタンダードな方法で、手作りするという発想自体なかった人もいたのではないでしょうか?
1980年代後半〜90年代前半にかけてのバブル期には給料3か月分の結婚指輪を…というような宣伝文句もあったりと、お金がかかるイメージが今でもあります。

しかしバブル崩壊後は現実志向に傾いていき、できるだけコストを抑えたいという人も増えていきましたし、現在の若い世代はバブル期の頃を知らない世代ですから、身の丈に合った価格の指輪を用意するのが当たり前だという認識を持っています。
それでも結婚指輪はこれから結婚を控えているカップルにとって特別なアイテムですから、当然こだわりたいと思う人がほとんどですし、コストをかけなくてもクオリティの高い指輪を用意したいと試行錯誤しているはずです。
そんな中で注目されはじめているのが手作り結婚指輪で、これにはたくさんのメリットがありますから、ここからそのメリットを紹介したいと思います。

結婚指輪を東京で手作りする場合はこちら

手作り結婚指輪のメリット

手作り結婚指輪を選択するメリットとしてまずあげられるのがコストパフォーマンスの高さで、専門のアトリエやオーダーメイド・セミオーダーのできるショップで作ったものでも高級ブランドと同じくらいのクオリティの指輪を作ることができます。
そして既製品の場合、一般的な価格の相場はだいたいひとりあたり10万円〜15万円程度だと言われていますが、手作り結婚指輪なら3万円〜5万円程度の予算でも金やプラチナなどの本格的な素材を使った指輪が作れます。
つまり既製品の半分程度のコストでも同等のクオリティの結婚指輪が作れるので、あまりコストをかけられないけどできるだけクオリティが高い指輪が欲しい、あるいはブランドにこだわりはないので指輪そのもののクオリティを高くしたいというカップルに非常におすすめできる方法なのです。

次に自分たちのオリジナリティを出せるという点も大きなメリットで、既製品を購入する場合はどれだけ高級ブランドの指輪であっても店頭に並んでいるものの中から選ぶしかありませんが、手作り結婚指輪なら一から素材や石の組み合わせ・デザインなどを決めることができます。
20代30代の若い世代はおしゃれに敏感な人が多いので、できるだけオリジナリティのあるものにしたいという気持ちが強いですし、せっかくの結婚指輪だから世界にひとつしかない特別なものにしたいというカップルもたくさんいます。

また、最近ではインターネットで検索すれば既製品の情報はすぐに出てきますし、FacebookやTwitter、Instagramなどで自分と同じアクセサリーを購入した人を見かけることも少なくありません。
せっかく気に入って購入したものでも人と被っていると少しがっかりすることもありますし、それが結婚指輪なら尚更大きいと思います。
ですから自分たちで好きなように作ることができる手作り指輪はこだわりの強いカップルから支持されているのです。

専門のアトリエで頼む

ほかにも専門のアトリエを利用する場合とオーダーメイドやセミオーダー専門のショップを利用する場合とでは異なるメリットがあります。
専門のアトリエを利用する場合は自分たちも実際にアトリエに入って作業に参加できますから、「作る喜び」をより強く感じられますし、一緒に作業して作った手作り結婚指輪は店頭に並んでいる既製品を購入するよりも思い入れが強くなるはずです。
アトリエではジュエリークリエイターと打ち合わせをしたあと、アドバイスに従って作業を進めていきますので、初めての人はもちろん手先があまり器用ではない人でも安心して参加できます。
仕上がりに影響する重要な工程はすべて担当してくれますので失敗のリスクはほとんどありません。

オーダーメイド・セミオーダー専門のショップを利用するときのメリットは時間がなくてもオリジナリティのある手作りの結婚指輪を作れるところで、打ち合わせをして素材や石、デザインを決める点はアトリエと同じですが、その後は出来上がりまでショップ側に任せられます。
ですから、作業はできないけどオリジナリティのある手作り結婚指輪が欲しいというときにはおすすめです。

さらに使われている素材ですが、アトリエでもオーダー・セミオーダー専門のショップでもブライダルリングを専門に扱っているところは高級ブランドに負けないものを仕入れていますし、中には高級ブランドと同じところから格安で仕入れているところもあります。
このように手作り結婚指輪が人気を呼んでいる背景にはそれだけの理由があって、今後さらに需要は増していくと思いますから注目です。

新着情報

結婚指輪が使えなくなったらリメイクを活用しよう

リメイクのすすめ

結婚指輪が使えなくなったら、リメイクに挑戦してみましょう。結婚指輪を入手した理由は夫婦それぞれでしょう。でも根本にあるのは、大好きな人と結ばれたから。まさしく「愛の証」です。
しかし愛の証であるはずの結婚指輪が使えなくなったら、心が辛くなります。捨てるに捨てられず、売りたくても売り払うわけにはいきません。そこでリメイクです。結婚指輪を新しく作り変えれば、再び「指輪」として使えるようになるでしょう。気持ちも一新するので、2人の絆はより深いものになります。
Click≫ 『結婚指輪が使えなくなったらリメイクを活用しよう』

結婚指輪のクオリティは素材と・・・?

結婚指輪のクオリティを左右する素材

結婚指輪のクオリティを大きく左右するのは、素材です。実際に世界トップレベルのジュエリーブランドでは、恐ろしいほどに素材にこだわっています。使われるプラチナの素材は、高純度のpt950。使われるダイヤモンドは、プロが厳選に厳選を重ねたものだけを使用しています。
しかし、単に使われている素材「だけ」では判断がつきません。pt950のプラチナが使われているからとはいえ、即座に「クオリティが高い」とは決められないのです。
Click≫ 『結婚指輪のクオリティは素材と・・・?』

結婚指輪を選ぶ前に少し勉強しよう!

事前情報の察知は大事

海外旅行に出かける際に、現地情報について色々調べるでしょう。現地のレートはどうなのか?治安はどうなっているのか?等。事前に調べておけば、万が一のことがあっても被害は最小限に食い止められます。
結婚指輪も同じです。何の事前情報もなく結婚指輪を選ぶと、トラブルを引き起こします。何十件と店を回っても、良い指輪は見つかりません。素敵な結婚指輪に出会うためにも、事前に把握したい指輪情報についてまとめました。
Click≫ 『結婚指輪を選ぶ前に少し勉強しよう!』

繊細でノスタルジック!ヒントはアガットにあり

アガットの指輪について

結婚指輪を手作りする場合、どういったデザインにするかは夫婦の自由です。結婚指輪のデザインは時代によって大きくかわるため、非常に難しい部分があります。流行に左右されないデザインをとシンプルなものを選ぶ方も少なくないものの、シンプル過ぎるデザインは「飽き」が来てしまいます。
そこで参考になるのが、アガット。1990年に東京青山で産声をあげた、国内のジュエリーブランドです。トレンドを取り入れつつもノスタルジックな雰囲気があるアイテムは、多くの固定ファンを獲得しました。
Click≫ 『繊細でノスタルジック!ヒントはアガットにあり』

縁起が良い結びの結婚指輪

ご祝儀袋にある結び

結婚式に一度でも参加したことがあるのなら、ご祝儀袋を準備されるはずです。ゴージャスデザインのご祝儀袋から、シンプルを極めたご祝儀袋まで、種類はたくさん。ただどの種類のご祝儀袋であっても、必ず水引がついています。
水引は飾り紐のことで、正面に結び目が入っているのが特徴。採用されているのは「あわじ結び」か「結び切り」など。いずれも共通しているのは、ほどくのが難しいという点でしょう。両端を引っ張れば引っ張るほど強く結びつくことから、末永く付き合う意味も込められています。
Click≫ 『縁起が良い結びの結婚指輪』